QRコードを活用したリクルーティングの5つの方法

リンク、動画、画像の QR コードを作成するには、下のボタンをクリックしてください。

QRコードを生成
募集用QR

インタラクティブなコードは、私たちの周りのデジタル空間と物理空間のほとんどを占めています。公共交通機関、レストラン、ウェブサイト、ソーシャル メディア、製品カタログなどで QR コードを見ることができ、そのような人気は完全に正当化されます。 

さらに、QR コード ジェネレーターのオプションは、採用タスクに完全に適合します。インタラクティブなコードを使用すると、採用プロセスが大幅に簡素化されます。たとえば、検索に費やす時間が短縮され、より多くの資格のある候補者にリーチできます。

QRコード適用時のスタッフ募集の特徴

現代の採用では、採用プロセスを改善するための多くのツールがあります。QR テクノロジーは、募集中のポジションや潜在的な候補者と連携する際の追加の手段となる可能性があります。

採用担当者であれば、おそらくインタラクティブなコードに出くわしたことがあるでしょう。応募者は、履歴書用の QR コードを作成するか、QR コード付きの履歴書を提示できます。履歴書に QR コードを追加したり、LinkedIn の QR コードを使用したりすることで、応募への関心が高まり、潜在的な雇用主を惹きつけることができるのは当然のことです。ただし、QR テクノロジーは採用担当者にも役立ちます。  

スタッフ募集QR
QRコードを利用する

採用でQRコードを使うメリットとは?これにより、潜在的な候補者のリーチが最大化されます。求職者の 78% が、スマートフォンを使用して求人応募や履歴書を送信しています。QR コードを採用に使用すると、人々は求人に簡単に対応できます。 

QRリクルーターは、常に信頼できるQRコードジェネレーターを手元に置いておく必要があります. インタラクティブなコードをすばやく生成し、作業効率を高めることができます。QRコードを採用に活かす5つの方法を見ていきましょう。

#1。詳細な仕事の説明を共有する

印刷された広告は高価になる可能性があり、仕事の要件や協力条件を説明するために使用できる文字数が制限されます。詳細な職務内容を自由に共有するには、QR コードを生成する必要があります。

QRの仕事内容
QR求人応募

#2。仕事のオンライン応募を提供する

QRコードをスキャンすることで、仕事に応募するオプションを提供できます。このためには、オンライン フォームを作成する必要があります。たとえば、Google フォームの QR コードを作成します。このようにして、ユーザーは Google フォームの QR コードを介して欠員にすばやく対応できます。

#3。現在のすべての求人のリストを共有する 

企業や人材紹介会社でヘッドハンターとして働いている場合、おそらく多くの求人があります。求職者が募集中のポジションを確認できるようにするには、現在の求人情報を掲載している Web サイトへのリンクを含む QR コードを作成します。

QR求人情報
QR名刺

#4。連絡先情報を提供する

電子名刺は採用担当者の仕事に欠かせない要素です。また、名刺のQRコードを作成すると2倍当選します。モダンで見栄えがよく、社会的接触を容易にします。名前、役職、会社の電話番号、ウェブサイトのリンク、QR コードの LinkedIn プロフィール、その他の役立つ情報を QR コードの名刺に追加できます。

#5。候補者からフィードバックを得る

採用担当者の仕事には結果が不可欠ですが、採用キャンペーンを分析して間違いを特定することも同様に重要です。この目的のために、QR コードを作成して候補者からフィードバックを収集できます。

フィードバック QR コード

QR コードは、採用プロセスを新しい品質レベルに引き上げます。まともな従業員を見つけて、検索の時間を節約できます。

友達と共有する:
facebook-share facebook-share facebook-share facebook-share
最新の投稿